忍者ブログ
審査甘い頼れる消費者金融・カードローンをお探しの方!必見!! 間もなく待ちに待ったお盆ですねww 今のうちにキャッシングも出来るカードを持ちませんか?! ★ 必見!! ★ 「レイクレディースローン」 10万円までの借入れ実質金利9%キャンペーン中9/30迄!
フリーエリア
いざという時のために、キャッシングも出来るカードをお持ちになりませんか?
信頼・安心の銀行系から信販系・消費者金融系まで、↓↓からお選び下さい!

== 借入初心者の方・他社3件以内の方! ==
【初心者でも親身で頼れる消費者金融・カードローンをお探しの方!】

== 他社3件以上の方は↓こちら↓ ==
・急な出費でお困りの方 ・他社借入の多い方  ・借入に不安のある方  ・以前に破産・任意整理をされた方  ・パートや専業主婦の方
【審査甘いブラックOKの消費者金融】
【審査甘い消費者金融ガイド】

カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
[724] [723] [722] [721] [720] [719] [718] [717] [716] [715] [714]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



瀬戸内寂聴さんの講演です5月15日で満86歳を迎え今日も水を口にする隙もないほど沢山の用事を済ませてきました。86歳でこんなに働いている人間はいないと我ながら感心します自分はもう86だからだと思うと、がっくりして働けなくなる。

自分で歳を取ったと意識しないから元気でいられるのだと思います。でも、実際は人は老いからは逃げられません。人間には、嫌でも歳をとって死んでゆくと言う宿命があります。死と老いという宿命を背負って生まれた人間は一体、何を頼りにして生きていけばいいのでしょうか。私は仏教が手がかりになると思います。[いまさらお釈迦様の教えなんて]と思う人がいるかもしれません。でも、2500年も昔のお釈迦様の、お経になった言葉を読み直すと、21世紀にもそのまま通じる内容であることに驚きます。

仏教では[智慧]を重んじます。智慧は単なる知識とは違って、物事を正しく判断して、悟りを開くためのものです。サリンの作り方は知識。サリンを使って人を※※か殺さないかを判断するのが智慧です。仏教はあの世やお葬式のことだけ教えているわけではありません。人は一人では生きられない。

仏教ブームだそうです。般若心教の本が売れ写経も流行っています.お寺参りの人も多くなっています。仏教で求められるのは、誰もが現実の生活で、何か満ち足りない思いをしているからです。死や老いが怖い、長生きはしたいが介護されるのは嫌だといいます。いろいろな心配について、仏さまにすがって心の頼りにしたいのでしょう。私たちは皆、誰かのお蔭で生きています。

人間は一人で生まれて一人で死ななければならない孤独な存在ですが、だからこそ愛し、語り合う相手を欲します。一人では生きられないというのが仏教の教えの根本です。

[最澄は[己を忘れ他を利するは慈悲の極みなり]。自分の利益を忘れて、他人の幸せのために祈りなさい、尽くしなさいと言う教えです。嫌な事は自分が引き受け、良い事は他に与えよとあります。

[慈悲]とは仏様や神様の愛、つまり、お返しを求めない無償の愛です。(

私のアフリエイトもよろしく~~♪

<font color=blue>《・急な出費でお困りの方・審査に不安のある方は、審査甘いブラックOKの↓↓にお申し込みを~!》</font>

<a href="http://homepage2.nifty.com/mk35/" target="_blank"><font color=red>厳選!金融新時代の消費者金融・キャッシング・カードローン</font></a><br><a href="http://homepage2.nifty.com/mk-links/" target="_blank"><font color=red>「どなたでも借りれる消費者金融!」</font></a><br><a href="http://www16.plala.or.jp/mk-links/" target="_blank"><font color=red>「頼れる消費者金融!」</font></a>

PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]