忍者ブログ
審査甘い頼れる消費者金融・カードローンをお探しの方!必見!! 間もなく待ちに待ったお盆ですねww 今のうちにキャッシングも出来るカードを持ちませんか?! ★ 必見!! ★ 「レイクレディースローン」 10万円までの借入れ実質金利9%キャンペーン中9/30迄!
フリーエリア
いざという時のために、キャッシングも出来るカードをお持ちになりませんか?
信頼・安心の銀行系から信販系・消費者金融系まで、↓↓からお選び下さい!

== 借入初心者の方・他社3件以内の方! ==
【初心者でも親身で頼れる消費者金融・カードローンをお探しの方!】

== 他社3件以上の方は↓こちら↓ ==
・急な出費でお困りの方 ・他社借入の多い方  ・借入に不安のある方  ・以前に破産・任意整理をされた方  ・パートや専業主婦の方
【審査甘いブラックOKの消費者金融】
【審査甘い消費者金融ガイド】

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
[914] [913] [912] [911] [910] [909] [908] [907] [906] [905] [904]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
《・急な出費でお困りの方・審査に不安のある方は、審査甘いブラックOKの↓↓にお申し込みを~!》

◆DCキャッシュワン◆ 三菱東京UFJ銀行系「借りたいその日にキャッシュワン!」
◆レイク◆ 即時振込み来店不要。約30分でカードが発行!
◆レイクレディースローン◆ 10万円までの借入れ9%キャンペーン中9/30迄!
◆E-LOAN◆ HPからは24時間年中無休で申し込み可能。!即日融資!
◆ライフプレイカード◆ おなじみライフカードのキャッシング専用カード
◆スタッフィ◆ 即日200万まで融資可能。阪急電鉄100%出資会社
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Q. 花火はいつ、どこで生まれたの?
A. 花火の歴史はとても古く、紀元前3世紀・古代中国、秦の始皇帝の時代に連絡手段として使われていた「狼煙」が起源だとされています。当時は薪に火薬の原料となる硝石を加えたものが使われており、万里の長城から遊牧民俗が侵入した際、それを味方に知らせるために利用していました。その後、同じ中国の薬学者の手によって硝石・硫黄・木炭粉を混ぜた「黒色火薬」が発明され、シルクロードを通ってヨーロッパにわたり、大航海時代を経て世界中へと広がっていきました。

Q. 最初に作られた花火は何花火?
A. 花火の始まりにはいくつかの説がありますが、それまで連絡用として使用されていた花火が観賞用のものとして世に登場したのは、14世紀後半のイタリア・フィレンツェで行われたキリスト教の祝祭だといわれています。この時の花火は、なんと「火を吐く人形」のようなものだったとか。ちなみに日本で最初に花火を見たのはあの徳川家康で、その時の花火は竹筒から火花が吹き出す、いわゆる手筒花火のようなものでした。

Q. 花火はどのくらいの高さになるの? 飛行機にぶつからない?
A. 打ち上げ花火の打ち上がる高さは花火の玉の大きさによって異なり、小さな3号玉(直径8.5cm)のもので高さ120m程度。これがもっと大きなもので10号玉(直径29.5cm)ともなれば、その高さは約330mと東京タワーに匹敵する高さになり、また開く花の大きさも直径320mになります。一方、いわゆるジャンボジェット機の高度は10000m。花火は高く大きく打ち揚がりますが、さすがに飛行機にぶつかる高さまでは打ちあがらないので、心配はなさそうです。

Q. 花火はどこまで大きくできるの?
A. 花火はその玉の大きさが一寸(約3.3cm)大きくなっただけで、重さや威力が倍になり、それにともなって打ち上げるための火薬なども格段に多くなります。このため、いくらでも簡単に大きな花火を……というわけにはいきません。現在作られている世界最大の花火は4尺玉の花火で、直径約120cm、重さ420kg。玉が開くと花が直径約800mにも広がるという、まさに巨大な花火です。ギネスにも認定されているこの最大の花火は、毎年の新潟で開かれる片貝花火大会で見ることができます。

Q. 花火はどこから見ても同じ形に見えるの?
A. 一般的な「割物」と呼ばれる打ち上げ花火は、どこから見てもまったく同じように丸く見えるようなつくりになっています。これは花火の玉が球状で、爆発すると中に詰められた「星(色や光を出すもの)」が中心から放射状に広がるためで、日本花火の特徴のひとつ。飛行機にのって花火を見下ろしても、やはり地上とまったく同じ花火を見ることができるのです。ただし、最近では開くと土星やハート、蝶、さらにはキャラクターの顔になる「型物」という花火も多く、こうした花火は角度によって形が違って見えます。これからはどこから花火を見るのかも大きなポイントとなりそうです
PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]