忍者ブログ
審査甘い頼れる消費者金融・カードローンをお探しの方!必見!! 間もなく待ちに待ったお盆ですねww 今のうちにキャッシングも出来るカードを持ちませんか?! ★ 必見!! ★ 「レイクレディースローン」 10万円までの借入れ実質金利9%キャンペーン中9/30迄!
フリーエリア
いざという時のために、キャッシングも出来るカードをお持ちになりませんか?
信頼・安心の銀行系から信販系・消費者金融系まで、↓↓からお選び下さい!

== 借入初心者の方・他社3件以内の方! ==
【初心者でも親身で頼れる消費者金融・カードローンをお探しの方!】

== 他社3件以上の方は↓こちら↓ ==
・急な出費でお困りの方 ・他社借入の多い方  ・借入に不安のある方  ・以前に破産・任意整理をされた方  ・パートや専業主婦の方
【審査甘いブラックOKの消費者金融】
【審査甘い消費者金融ガイド】

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
[1080] [1079] [1078] [1077] [1076] [1075] [1074] [1073] [1072] [1071] [1070]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



《お盆でお金がかかりましたね!!
買い物・キャッシングも出来るカードをお持ちになりませんか??》

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
《・急な出費でお困りの方・審査に不安のある方は、審査甘いブラックOKの↓↓にお申し込みを~!》

◆DCキャッシュワン◆ 三菱東京UFJ銀行系「借りたいその日にキャッシュワン!」
◆レイク◆ 即時振込み来店不要。約30分でカードが発行!
◆レイクレディースローン◆ 10万円までの借入れ9%キャンペーン中9/30迄!
◆E-LOAN◆ HPからは24時間年中無休で申し込み可能。!即日融資!
◆ライフプレイカード◆ おなじみライフカードのキャッシング専用カード
◆スタッフィ◆ 即日200万まで融資可能。阪急電鉄100%出資会社
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

よくお金を拾った時など、「1割もらおう」なんてセコい話をする。筆者の場合、家の中でお金を拾ったとしても、「1割ちょうだい」と言うのでかなりタチが悪い。もちろん家族も呆れており、冷たい視線が背中に刺さる。とても悲しい話だ。

そもそも昔から言われている「交番に届けたら1割」理論は、果たして本当に存在するのか? そして今回の大テーマ、万が一食べ物を拾った場合、1割もらえるのか? そんな疑問を晴らすべく「警視庁遺失物センター」にお話を聞いてみた。

こちらは、拾得物が交番に届けられてから1カ月経っても落とし主がわからない場合に保管される場所。昨年の平成18年には、約232万件もの落し物が届けられたそう。これまたかなりの数字である。

まずは「1割」について伺ってみると、そこには厳密なルールがあることがわかった。

「拾って届けた人は、落とし主に5%~20%以内でお礼を請求する権利があります。お金以外のものに関しては、時価から算出する場合もありますが、そういったケースはほとんどないですね」

実はよく言われる「拾ったら1割」と言うのは俗説で、5%~20%が決まりになっているのである。ちなみに「%の割合」に関しては当事者同士の話し合いになるそう。万が一どちらかがゴネた場合は、裁判で決着をつけるしかないそうなので恐ろしい話だ。1億円ぐらいの大金になれば、話は別だが。

では食べ物の場合だとどうなのだろうか? 5%~20%以内で請求できるのか?

「食べ物など保存できない物の場合は、警察署で廃棄してよい決まりになっているんです」

さすがにそりゃそうだが「1割ちょうだい」と言うレベルの話じゃなかった。あわよくば「10個のチョコを拾ったら1個もらえるのかな?」なんて浅はかな願いを抱いていた筆者にとってはショッキングな情報である。しかし当然の話か。

ちなみに落とし主が出てこない場合は、6カ月と14日経てば拾った人に権利は移るそうです。その際には、届けた段階で「落とし主が見つからなかったらください」と言っておく必要があるそうなので気をつけてください。かっこよく名前も告げずに去ってしまうと、もらえなくなっちゃいますよ。
PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]